各カードの比較

各カードの比較

クレジットカードのランクの中でも人気の高いゴールドカードは、年会費が数千円程度(多くは2000円台~3000円台)の割安なカードがあります。
また、5000円前後~1万円までの中堅クラスのカード、そして1万円以上の高級なカードに分けることができます。

一般クレジットカードであれば年会費は無料のものが好まれる傾向にありますが、
ゴールドカードを所持できる人々にとっては、自分の収入に合わせて持てることが第一の条件となります。
高いサービスを受けられることが第二の条件となっています。

つまり「年会費がかかって当たり前。だが相応のサービスが受けられなければ困る」というわけです。
ゴールドカードはいわゆる「ステータスアイテム」であり、付加価値が高ければ高いものほど好まれています。
したがって、商品にシフトしているからです。

カード自体のデザインやブランドそのものの名前で選ばれる「見た目重視」的な傾向があることは否めません。

今現在、国内で人気が高いゴールドカードといえば
三井住友VISAゴールドカード
JCB ゴールドカード
などがあります。

有名どころでは「JCBゴールド」「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」などの人気も未だ健在。
高いブランド力と安定性、そしてステータスになるかどうか、サービスの質の高さなどが求められています。

・三井住友VISAゴールドカードについて
日本初のVisaカードの発行元ということで、高い人気を誇るカードです。
利用金額に応じてポイントが貰え、年会費は4200円と決して高い金額でないところも魅力のひとつ。

・JCB ゴールドカード
ステータス性に加えて、国内のさまざまな場所で使えるJCBのクレジットカード。
なかでもゴールドカードについては、2年連続100万円以上の利用で
さらにランクが上の「JCBゴールド ザ・プレミア」にランクアップさせることもできます。
国内外を問わず第三者による被害を補償する「犯罪被害傷害保険」や、空き巣被害見舞金など独自の補償も魅力的なカードです。