クレジットカードのセキュリティ

クレジットカードのセキュリティ

クレジットカードは非常に便利なツールですが、やはり不安な事といえばセキュリティについてではないでしょうか。
犯罪者はあらゆる手段を講じてカード情報を盗もうとしますから、
普段からクレジットカードのセキュリティについては細心の注意を払っておきたいものです。

今回は、そんなクレジットカードのセキュリティ問題について考えていきたいと思います。

・クレジットカードの紛失、盗難
クレジットカードをどこかで失くしてしまった、もしくは盗まれた可能性が高い─。
そんな時はまずカード会社の緊急連絡先(盗難連絡先)へ電話し、出金・決済・借入などすべての機能を停止して貰いましょう。

クレジットカード会社にはそれぞれ緊急時に対応する窓口が設けられており、24時間対応可能となっています。
事情を説明すればすぐ応じてくれますので、すぐ電話することが肝心です。
その後警察へ行き、紛失届を提出します。

次に、カード会社から書類が送付されてきます。
前のカードは無効となりますので、新たに再発行の手続きをしなければなりません。
暗証番号などは前のカードと同じにせず、すべて一新するようにしましょう。

・ネットバンキングのセキュリティについて
クレジットカードを使ってのネットバンキングを行う際は、ネット上にカード番号とパスワードを入力しなければなりません。
ここが賛否両論で、ネットで決済や残高の確認ができるというのは確かに便利ですが、
暗証番号などが漏れてしまわないかを危惧する声があります。

現在、ネットバンキングやインターネット決済では「SSL」と呼ばれたセキュリティ対策が施されています。
SSLを用いると随時暗証番号などは暗号化され、第三者が覗くことは出来なくなります。

しかし近年、ネットバンキングのトップページに独自の暗証番号入力ページを差し込むという手口で
カード情報が抜き取られるケースが相次ぎました。
ネット上でカードを使う場合は、安易に番号を入力しないよう気を付ける必要があります。

流出が不安な場合は、クレジットカード番号を変更したり、暗証番号だけを変更することも可能です。
ネットバンキングのパスワードも随時変更を求められますので、犯罪者に気づかれにくい手段を随時講じる必要があるでしょう。