クレジットカードの疑問

クレジットカードの疑問

クレジットカードはとても便利なものですが、勝手に使われはしないか、余計にお金がかかるのではないかと不安にもなります。
そこで、今回はクレジットカードに関する疑問についていくつか調べてみました。

・第三者に無断で使用される可能性について
クレジットカードは基本的に、カード番号と暗証番号の二種類の番号を管理しなくてはなりません。
暗証番号を教えなくても、カード番号だけで暗証番号が割り出されてしまい、預金を引き出されたりするケースは頻繁にみられます。
他人に推測されやすい誕生日や車のナンバーなどの数字を暗証番号にしないよう工夫し、
定期的に番号を変更するなどして対策を取るようにしましょう。

・クレジットカードにかかるお金について
支払い以外でかかる料金には、

①年会費
②金利
③延滞金
④その他のサービス加入費用

などがあります。

①の年会費はカード会社の方針やカードのランクによっても異なりますが、
永年無料としているものから、5000円以上かかる高額なものまで幅広く揃っています。
初年度のみ無料で、2年目以降は一定額の料金が引き落とされるものもあるので注意が必要です。

②の金利は、キャッシングや分割払いの際にかかる料金です。

③の延滞金については、支払いが滞った際に一日ごとに付加される費用のことです。
遅れた分のペナルティと考えればよいでしょう。
1日、2日と遅れれば遅れるほど、支払い分が加算されていきますので、
もしも支払いが延滞する可能性がある場合はすぐにカード会社へ連絡し、対処して貰うようにしましょう。

④の、その他のサービス加入費用というのはクレジットカードごとに異なります。
たとえば、東海道新幹線の予約サービスである「プラスEXサービス」をクレジットカードに付加する場合、
カードそのものの年会費とは別に、プラスEXサービスの年会費が必要になるというものです。

クレジットカードは仕組みが複雑と思われますが、正しく支払いをすればまず心配することはないでしょう。
賢く選んで、慎重に使うことが大切です。