クレジットカードの限度額

クレジットカードの限度額

私たちが使っているクレジットカードには、それぞれに「利用限度額」というものがあります。
利用限度額とはその金額まで自由に使っていいと決められた額のことで、
残高が無くても限度額までカード会社に立て替えて支払いをしてもらうことができます。

ちなみに、限度額を超えて買い物をすると、その後の使用が止められてしまうので注意が必要です。
限度額はふつう、使用者の属性に合わせて金額が定められています。

誰でも使える「一般カード」は低いところで5万、最大でも50万円くらいまでの幅となっており、
利用実績によってそこからさらに増えて100万円程度まで多く(増枠)して貰えることもあります。
また、一般カードの上のゴールドカードを所持している場合は50万~300万円程度が幅となっており、
一般よりもさらに高額な買い物が可能になっています。

・限度額の上げ方
限度額を上げるためには、利用の実績を作るなどしてカード会社に認めて貰うか、
もしくはホームページから申請を行う、コールセンターに直接問い合わせを行って審査をして貰うことによって可能になります。
たとえば海外旅行に行く時や、車などの大きな金額の買い物をする場合、一時的に利用限度額を上げてもらうことも可能です。

・限度額を超えたら
利用限度額を超えてクレジットカードを使ってしまったらどうなるのか、という質問をよく見かけますが、
ほとんどの場所では限度額を超えてカード決済を行うことができないようになっています。
たとえばお店でカードを超過して使おうとしても、エラーが出るなどして決済自体が困難になるはずなのです。

これはオンライン決済でも同じで、超過して買い物はできないように制限が設けられている場合がほとんどです。
限度額以上の高い買い物をしたい場合はカード会社に連絡を行い、一時増枠をして貰うようにします。
限度額を超えると、金銭の管理が出来ていないということでブラックリストに載るのではないか?
と言われたりしますが、ブラックリストに載るのはあくまで延滞や踏み倒しが多い場合などに限ります。