ゴールドカードとは何?

ゴールドカードとは何?

巷でよく耳にする「ゴールドカード」とは、いわゆる一般会員用のカードの上に位置する、高いランクのカードのことをさします。
普通のカードに付加的で高品質なサービスをつけたもので、一定の審査基準や高めの年会費が設けられており、
「ゴールドカードを持つにふさわしい方のためのカード」と考えても良いかと思います。

ゴールドカードはそれ自体がステータスになるだけでなく、サービスもとても魅力的。
たとえば、空港のラウンジを自由に使用できたり、海外旅行保険に高額補償をつけて貰える、海外で購入した商品にも補償がつけらるのです。
その他優待価格にてショッピングやエンターテイメントの施設が利用できるなど、生活がもっと豊かに感じられるような内容となっています。
また、この他にもゴールドカード保有者専用の電話窓口にて、旅行やチケット手配などを自動的に行って貰えたりします。

ショッピングなどでつけられるポイントが一般カードの倍も貰えるなどといった、生活にも根差した内容となっています。

以前のゴールドカードは「高収入の中高年層しか持てないカード」というイメージがありましたが、
最近では敷居が低くなり、一般カードと同じ感覚で申し込めるものも増えてきています。
30歳くらいからOK、年収も400万程あればOKという、中流階級層にも親しみやすい内容となっています。

ただし、審査基準はカード会社によってそれぞれ違いますので、中流層なら誰でもOKという訳ではありません。
カードによっては、30歳からのところを20代でも申込み可能にしているものもあります。
JCBゴールドカードなどはその代表例ですので、まだ年齢が届いていないから無理と諦めなくても心配はありません。
これらの若者向けのゴールドカードは別名「ヤングゴールドカード」などと呼ばれることもあります。

このように、ゴールドカードにもいろいろな種類、基準が存在しています。
初めてゴールドカードを選ぶ際は、審査基準や年会費、各種サービスをよく比較し、本当に自分に必要なものを選ぶようにしましょう。