初めてのクレジットカード

初めてのクレジットカード

・使い過ぎに注意
初めて自分専用のクレジットカードを持つというときに、まず注意したいことは「使いすぎに注意」ということです。
当たり前のことですが、分割払いやリボ払いで買い物をする時は延滞が発生しないように気を付けて、
自分の可能な範囲で支払いを続けるようにしましょう。

・必要以上にカードを持ちすぎないこと
クレジットカードの中には、ポイントを貯めることに特化していたり、ETCがつけられるなどかなり便利な機能を持ったものが多いです。
すべてを満たすカードはありませんので、時と場所に応じて使い分けるなら必然的に2枚、3枚と所持するカードが増えていくわけですが、
あまり増やしすぎると不正利用や万が一の事態に対応しきれません。

急な災害や海外での強盗被害、紛失、パスワード忘れなど思わぬ落とし穴が発生した場合、
クレジットカードを止めたり、不正利用の調査などをして貰わなければなりません。
時には数週間もの時間をとられることもありますから、時間を無駄にしないためにも
最低限管理が可能といわれる2枚くらいまでに枚数を制限しておくと良いと思います。

3枚以上カードを持っている場合、使用頻度の順番にカードを並べてみて、少ないものから解約していくと楽にカードを整理できます。

・無料の文字に注意
クレジットカードには「年会費無料」とだけ記載されているものが多く存在していますが、
初年度のみである場合は2年次以降料金がかかりますので注意しましょう。
別に会費くらいかかっても大丈夫、という方は問題ありませんが、
余計な費用をかけたくない、ただカードとして持っていたいという方は「永年無料」としっかり記載されたクレジットカードを検討しましょう。

ただし「永年無料」にもさまざまな条件があって、年間の合計利用金額が基準を満たしていなければNGというところもあります。
何かしら条件が設けられていますので、カード会社の方針を確認するようにしましょう。