クレジットカードの審査

クレジットカードの審査

クレジットカードを入手するうえで厄介だと言われる「審査」については、
カードの申込み者が適切な資格を有しているかどうかを確認する唯一の手段であるのです。
そのため、どのカード会社であっても必ず審査を行わなければなりません。

審査の基準は、一般的に

・申込者に安定した収入があるか
・借入などを行った場合、返済するだけの能力があるか
・夜逃げなどで信頼性を損ねる人物ではないかどうか

であるとされます。

万が一職業不詳であったり、支払いの見込がないというような場合には審査が不可になる可能性もあります。
「別に借入をするわけじゃないのに、職業不定じゃ審査に通してくれないの?」と思われるかもしれませんが、
借入だけではなく買い物についても、返済が滞るケースは頻繁にみられます。
大きな金額の買い物をしたクレジットカードユーザーが収入ゼロであったならカード会社が責任を問われてしまうのです。
そうしたリスクを回避するためにも、きちんとお勤めをしている方でなければ審査が通らないようになっているのです。

こうして審査を無事通過したら、結果が通知されます。
ここでカード会社に正式な申込み書類を提出し、カード発行へと至ります。

要は買い物やその他のサービスを利用した時に返済がきちんとできるかどうか、それだけがカード会社にとっては重要です。
ですので、お勤めをしている方なら基本的に誰でもカードを手に入れることができるようになっています。

ただし例外として、過去に支払いを滞納した経験があったり、頻繁に盗難に遭うなど、
信用を損ねるような事態を招いている場合は審査が通らない可能性があります。

それは、クレジットカード会社が「信用情報機関」へ問い合わせをして申込者の信用情報を調査し、
カードを保有しても問題ない人物かどうかを判定するからです。
信用情報は自分でいつでも調べることができますので、申し込みの前に信用情報機関へ問い合わせをして確認しておくと安心かと思います。

クレジットカードのスピード審査をご希望の方はこちらをご覧ください。